Archive for the ‘大家になるということ’ Category

不動産投資で大家になることの大変さも知っておこう

2012-05-12

不動産投資は、大家になるということですが、その為には、入居者募集、契約締結、家賃の収受、トラブル・クレーム対応など、知識や経験がないとなかなか難しい仕事がたくさんあります。

サラリーマンの方が不動産投資を行い、これらの仕事を自分で行うのは時間的にも不可能に近いですよね。

そこで、専門の管理会社に依頼して行うほうが負担も少なく、不動産投資の成功につながりますよね。

依頼するからには管理委託費が発生することになりますが、依頼内容に寄りますが、清掃なども含めるとすると、賃料収入の5%程度になるようです。

他にも、建物の修繕・メンテナンスの費用があり、毎年、修繕を行うわけではなくても、定期的に大規模修繕を行う必要があるので、家賃収入から一定金額を修繕積立金として賃料収入の5%程度をプールしておく必要がありますよね。

この管理委託費と修繕費を合わせて、賃料収入の10%程度と、固定資産税などでさらに5~10%程度の費用はかかるようですね。

また、都市部であれば都市計画税もかかり、税率は、固定資産税・都市計画税合わせて通常 1.7%のようです。

ただし、課税標準は購入価額よりかなり低く、土地については小規模住宅用地として課税標準が6分の1になったり、新築建物に減免があったりするので、購入金額の0.5%~1%程度になるようです。

いろんな費用もかかってきますが、不動産投資をする前に、その費用も収支計画でしっかり把握していれば、安心して不動産投資が出来ますよね。