Archive for the ‘法律について’ Category

法律をしっていないと痛い目に遭うことも、、

2012-05-12

不動産投資をすると、借家法や民法、消費者契約法など、関連する法律がいくつかあります。

家賃の支払いが滞る、よく隣人とトラブルを起こす、契約書に定めた規約を守らないなど、入居者とのトラブルは意外に多く、退去してほしいと思う入居者も出てくるかもしれません。

しかし、入居者にも法律で守られる権利があり、実際に退去してもらうとなると、逆に訴えられる可能性もあります。

契約書に違反しているようなケースでも、契約書自体が法的に無効とされることもあります。

例えば家賃を一定期間滞納した場合は、居室内の財産を処分し、カギも取り替えるなどの条項を盛り込んでいても、本当にそれをやってしまうと、入居者は損害賠償請求することができるのです。

近年特に多いのが、退去時の敷金返還トラブルで、退去時にはもともとのきれいな形に戻したいと思い、預かっていた敷金を全部リフォームに使う、場合によっては、追加で費用を請求する、といったケースがあるのですが、これをめぐって裁判となり、大家側が負ける、というニュースはよく聞きますよね。

クロスの張り替えに使う目的で敷金を返還しないようなことをすると、クロスの汚れは、普通に使用していても発生するもので、大家が負担するべきという基準があるので、裁判では負けてしまうことになるのです。

こういったトラブルに対応しようとすると、民法、借家法、消費者契約法など、いろいろな法律知識を持たなければならないので、実際は管理会社が対応することになるとしても、不動産投資家としても、ある程度の知識を備えておくのが望ましいですよね。