普及の可能性が高まるマンションでの太陽光発電を不動産で成功している方からききました。

2013-06-13

現在、マンションの屋上などで太陽光発電をしているところはまだ数としては多くないように思います。
ですが、一般家庭では非常に普及してきつつあり、その波及効果がマンションにも出てくるのではないかと考えられています。

私たちにとって、マンションの屋上では太陽光発電のパネルなどを設置してはいけないのではないかと考えがちですが、実際にはそのような規則はなく、近年の法改正などによって一般家庭と同様な設備の設置が可能となっています。

かつてはいくつかの法規制などが存在していたため、多くのマンションでは太陽光発電のパネル設置には前向きではなかったものの、現在は一転して積極的にパネルの設置を検討しているオーナーも増加してきています。

マンションに太陽光発電のパネル設置が大きく普及すると、全体の発電量は大幅に増えていくものとみられます。
高層建築のタイプのマンションが多くなってきており、より効率的に太陽光発電が出来る可能性もあり、ここまで述べてきたような複数の観点から、非常に明るい展望が見えてくるのではないでしょうか。

実際、マンションに太陽光発電のシステムを導入する動きも活発になってきており、今後の動向が大きく注目されるように思います。