賢く相続して元手を減らす

2012-11-19

不動産投資には資金がかなり必要にはなるものの、
上手にその権利を相続していくことで自分はもちろん、
次の世代にもつなげていくことが出来ます。
すべてをいちから自分の力で作り上げていくことは難しいですが、
何世代にもわたって少しずつ不動産を増やしていくのも良いかもしれません。
相続を群馬で行う場合にも、今後の景気の状況を見定め、
今ある不動産をどうするかを考えてみると良いでしょう。
資金があれば徐々に投資物件を増やしていくのも良いですが、
あまりに増やしすぎることで
空き物件が多くなってきてしまうようでは赤字になってしまいます。
さらに、一気に物件を増やすことで、
修繕が必要な時期が重なることがあります。
たとえば一年の間にいくつもの物件を新しく建設した場合、

 

数十年後には建て直しや大規模なリフォームなどが必要になるでしょう。
そうなれば一度に多額の費用を必要としますから、
そのためのお金を事前に用意しておかなくてはいけないのです。
管理が難しい物件はお金に変えてしまうのがはやいかもしれません。
しかし一度お金にかえてしまえは、
その物件は別の人のものになってしまうのです。
その物件が今後高値になったとしても、
手放してしまったわけですから、
どうしようもなくなってしまうのです。