不動産投資は情報収集から

2012-11-01

ここ最近でも景気の回復が全く見込めずに、給料の補填や将来の年金などの

不安を解消しようと投資を考える人が多くなってきています。

これまではFXや株、外貨などに投資をする人が多かったのですが、

最近では不動産投資を考えている人が多くなっています。

どんな投資をするにしても大切な貯金を使うのですから、

最低限の知識だけは身に付けなくてはいけません。

 

しかし、多くの人はよくわからないまま投資を始めようとします。

これまで金融にしても銀行や郵貯などに定期預金のように預けておけば、

勝手に増えていくような知識しかないのに、

突然FXや株、外貨に投資をするというのはあまりにも無謀だと思います。

同じように不動産もマンションやアパートに住んだ経験だけでは

とても投資など出来るはずはありません。

不動産投資をするには、投資する価値のあるいい物件を見極めなければいけません。

いくらネットなどを見ていても、実際の物件を見てみない限り判断は出来ません。

 

 

時間があればいろいろな物件を見て歩き、情報を収集しないといけないのです。

そのためには、不動産屋との関係を築いて、実際の物件を見せてもらったり、

情報を提供してもらわないといけません。

とくに最新の情報などは不動産屋からFAXしてもらうことです。

インターネットFAXであればFAXがなくても

 

簡単に受信することが出来ます。

受け取った情報は、パソコンに保存して

情報を蓄積することも大切

です。

 

不動産投資を始めるには、いろいろな情報を入手出来る

不動産屋との関係をしっかりつくることが

必要なのではないでしょうか?