田舎暮らしによるリスクマネジメント

2012-09-28

リスクの考えってどんな生活環境においても大事なことですよね。

最近では震災の影響からか、リスクマネジメントの考え方が

とても重要視されるようになってきましたから、

誰もが少なからず持つようになってきています。

リスクマネジメントの一番重要なことに、危険だとわかっているならば

回避するということがあります。

分かっていながら、それを回避する努力を怠っているのは、

リスクマネジメントの一番やってはいけないことなのです。

 

例えば、地震が来たときなどで、都会に住んでいることにはリスクが生じます。

そのリスクは、回避しようと思えば回避できることでもあり、

そこに対策を打たないことは、リスクを軽んじているというわけです。

田舎暮らしには、それなりのリスクがありますが、

現在の都心部の災害に対する脆弱性を考えたら、

そのリスクのどちらが高いのかということになってくるわけです。

これが実に不動産投資にもかかわってきます。

以前であればさほどの影響を与えなかったものではありますが、

現在ではそういったリスクが不動産の将来価格を変動させる要因として

考えられたりするからでもあるわけです。

田舎暮らしにはデメリットも存在しますが、

それだけに得られるメリットも高く存在するのです。