マリンスタジアムで試合後にグランドに入ることが出来ました

2012-09-04

千葉ロッテマリーンズは以前から試合後の30分間を一般に開放しており実際にペナントレースが終わった直後の熱気が残るグランドを子供から大人まで人工芝の部分だけですが開放しているのです。
走り回ったり人工芝に寝そべったりと色々で写真を撮る人も多くて、外野手の選手が見る目線や内野手の守っている目線が実際に見れることが出来てグランドから見るスタンドへの目線も見れることが出来るんです。

子供たちも大喜びで大きな夢を見る事が出来て大人は逆にプロ野球の選手目線で見れることが、とても楽しい様でカメラ片手にマニア目線で見ている方が多かったです。

マウンドやホームベースには立てないのですが、その周りは入ることが出来るのでキャッチボールをする親子やダイヤモンドを走る子供たちは、エネルギーが有り余っているかのようにぐるぐる走っているのを見て、私は牡蠣サプリを幾つ飲んでも無理だなと思いながら見ていました。

でもあの子供の姿を見ていると千葉ロッテマリーンズの企画も粋な事をするなと感心してしまいました。
是非、ファンとしてはこの企画はずうっと続けてほしいと思います。子供たちはとても輝いた瞳でグランドを見ている子が多くてそう思いました。